京都府立大学生命環境学部生命分子化学科合格おめでとう

たった一人の大学受験生


私にとっても君にとっても


初めての共通テストと初めてのコロナ


初めてのことだらけで溢れるこの1年


君はもくもくと勉強に打ち込んだ


君も孤独な受験生だった


模試の結果最初はE判定


それでも君はお構いなしに勉強の手を止めなかった


それから君の成績は見違えるように変わっていった


計算も、読むスピードも、解くときの正確さも


その洗練されていく様子は見ていて気持ちがよかった


勉強とは地味なものだ


君が塾の机に向かってがむしゃらに勉強しても


君の何かが目に見えて大きく変わるわけでもないし


ましてや世界がなにか変わるわけでもない


だからこそそれを続けていけるその執念は


見ている人の心を掴んで離さないほど美しかった


受験は恐ろしいものだ


毎年毎年、その恐ろしさは変わらない


それでも挑戦しなければ成功は掴めない


君は挑戦を辞めなかった


だから共通テストのボーダーもぶっちぎりに越えることが出来た


そして昨日は合格発表


一通のラインのメッセージが届く



「合格しました 先生のおかげです。ありがとうございました。」



一足早い桜が私の前で咲いた


なによりもそれは美しかった


合格おめでとう

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

活気